<< 分岐点 一月半 >>

ポプラ

d0029505_22535659.jpg

寒い日が続き家から出ることもなく、気が付くと猫の食事作りとトイレ掃除だけで、一日が終わっていたような気がする。
こんな事じゃーまずいと、午前中の天気に誘われ、郵便局の本局へ散歩しながら用事をたしに行く。少しは外の風に当たらないと。
近所にも郵便局はあるのだが、いつも本局まで行ってしまう。歩いて15分くらいかな。
途中遊歩道になっている旧手宮線を通る。整備されてきれいなのだが、人通りはない。

美術館の横に小樽ではめずらしい、大きなポプラの木がある。このポプラの木が好きで、ここを通るときは決まって写真を撮ってしまう。
広い空に、スッと伸びたポプラはとてもさわやかで清々しい。
自分の生活を振り返り「この木のように真っ直ぐに生きて行きたいものだ」とつくづくと思う今日この頃である。
[PR]
by koubouruka | 2005-11-21 22:56
<< 分岐点 一月半 >>