<   2005年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

雪だるま


d0029505_1763784.jpg
今月も、雪かきに追われながら、あっという間に終わってしまう。いつもならもう暖かいはずなのに、相変わらず、氷点下の日が続いている。雪も、一日に一度は必ず降る。
でも、今のところは、積もるほどのドカ雪がこないので、安心、安心。
朝の雪かきの後、雪だるまを作ってみた。前を通る人たちには、大変評判が良い。
皆さん、雪だるまに微笑みかけて行きます。私も愛着が湧いてきた。うちの雪だるまが一番かわいい。といっても、あまりよそで作ってないし、見かけない。
私は、決して暇なわけではないんです。
[PR]
by koubouruka | 2005-02-28 17:04 | つれづれ

大雪

d0029505_1784327.jpg
今年は雪が多い。とうとう我が工房が、雪に埋もれてしまった。屋根の雪を下ろして、捨てるところさえなくなった。
もうたくさん、と思っていたら、いつもの年より早く、市の除雪が入ってくれた。
毎年、工房の前の道路に除雪が入り、雪がきれいになくなると、もうすぐ春を実感する。
除雪しているブルの運チャンが、純白の天使に見えてくる。アリガタヤ、アリガタヤ。雪の多い地方に住むというのは、大変なことなのだ。

除雪が入って一安心と思っていたら、朝から降り続いている雪が、また積もってしまった。こんなに積もるんなら、
除雪は、明日入ってくれればよかったのにと、今日入ってくれた感謝も忘れて、わがままなことを思ってしまうのだ。
[PR]
by koubouruka | 2005-02-21 17:07 | つれづれ

雪明りの路

d0029505_1712082.jpg

夜、出たついでに、雪明りの路に行ってみた。駅からの道はいつもに比べると、すでにすごい人出だった。
1週間もやっていると、あちこち崩れかけていたが、スタッフの方が一生懸命直していた。それにしても寒い、夜は一段と冷え込む。普段はあまり外の風にあたることがないので、寒さがこたえる。周りを見ると案外薄着。
街のあちこちで、プチ雪明りをやっている。家の前や、会社の前に雪明りが置いてある。
それを見るだけで、「この家の人は、きっと優しんだろうな」と思ってしまう。
来年は是非、うちの工房の前にも並べて置かなきゃ。
[PR]
by koubouruka | 2005-02-19 23:10 | 小樽の街

遅れてきたバレンタインデー

d0029505_1716141.jpg


午後、穏やかな天気の中、妻の買い物について行った。
屋根にポッコリ積もった雪を見て、「ウォー!ケーキみたい」と妻が吠えた。
どうやらだいぶ甘味禁断症状が出てきているようだ。
妻は今頃になって、半額コーナーに売っていたバレンタインチョコをくれた。
くれたといっても、今日は2粒ずつ食べて、後はしまってしまった・・・きっと私の体を思ってのことなんだ。
[PR]
by koubouruka | 2005-02-18 17:13 | つれづれ

富岡歩道橋


d0029505_17321848.jpg
ここ何日間かいい天気が続いて、珍しく小樽の街にも雪が降らなかった。日中もずいぶんと暖かく感じるようになった。
氷点下5度以上を経験してくると、氷点下1度が暖かく感じるようになる。
今日もいい天気。もしかしたらこのまま春になっていくんじゃないかと、勘違いしそうな天気の中、図書館まで歩いていく。
少しでも運動しようと、歩道橋を渡っていく。

図書館を出て驚いた。えらく密度の濃い雪が降り出していて、猛吹雪、あっという間に積もってしまった。
妻と2人、黙々と歩き、何とか家にたどり着く。雪と鼻水でドロドロ。ちょっと良い天気が続いただけで、冬の厳しさを忘れてしまっていた。
まだまだ2月、春は遠い。屋根の雪がまた積もってきた。もう一回下ろすことになるかな。
[PR]
by koubouruka | 2005-02-17 17:32 | 小樽の街

堺町通りから


d0029505_17343472.jpg
納品に堺町通りに行ってきた。日曜日の堺町通りは、なかなかの賑わいだった。
よその町や国からきた人達で、みんな楽しそう。でかいカメラを持って、撮影ポイントを探して歩いている、カメラクラブの一団、
いかにも雪道を歩きなれていない人達、着ぶくれて、国へ帰ったらそのダウンパーカーはどうするんだと思うような、南の国の人。
そんな賑わう通りの上を見上げると、こんな家が静かに建っていたりする。
観光客を見て、妻もどこかへ行きたいとつぶやく。
雪が解けて春になったら、本州の方へ車で寝泊まりしながら、旅行でもしようと思った。
[PR]
by koubouruka | 2005-02-13 17:33 | 小樽の街

雪明りの路

d0029505_1739667.jpg

今日から「小樽雪明りの路」が始まった。夜、運河や旧手宮線を車で通りかかったら、人がいっぱいだった。
小樽の街がにぎやかになるのはうれしい。もっともっとたくさん来てほしいものだ。スタッフの皆さん、寒い中、夜遅くまで
ご苦労様です。私も夜、見に行こうと思ったのだが、今日は夕方から、バキバキしばれだしてきたので、寒がりで根性なしの私は、
また日を改めて行く事にした。歩いて10分位の所でやっているんだけどな。


[PR]
by koubouruka | 2005-02-11 17:39 | 小樽の街

ニッカで紅茶

d0029505_16553067.jpg


余市にあるニッカウヰスキーの工場内、リタハウスで、紅茶にスコーンのセットをいただく。
友達が、ここの紅茶がうまいというので、余市に行ったついでに飲んでみた。
確かにうまかったし、スコーンも焼きたて、何より銀のポットに、たっぷりと入っているのがすばらしい。
こんなオシャレな所に入るのは、久しぶりだった。いつもはラーメン屋か定食屋なのだ。
[PR]
by koubouruka | 2005-02-08 16:53 | うまいっしょ

姉さんとフグ

d0029505_17413674.jpg

久しぶりに札幌の街を歩いた。驚くことばかりだった。駅から大通りに行くだけで、ポケットティッシュでポケットがいっぱいになってしまうし、それにみんな歩くのが早い、目的地にまっすぐって感じ。
ススキノに行ったら、呼び込みのうるさいこと、ちょっとでも反応したら、どこまで連れて行かれるかわかったもんじゃないな。
姉のおごりで、ススキノでお食事。人のおごりなので、なんか高いものを頼もうとメニューを見ると、海鮮ものは小樽産と書かれていて、普段家で食べているようなものが並んでいた。わざわざここで頼まなくてもと思うと、頼むものもなくなった。
帰りは駅まで地下街を歩く。すごい人、妻と2人、人酔いしそうになる。トイレは怖そうな若者でいっぱい。デパートの中は、ひどく明るいし、こんな夜中に、何でこんなに人がいる。
普段は小樽で、実にのんびりと、うまいものを食べながら暮らしているんだなと、
実感してしまった。でもフグ料理はすごくうまかったよ姉さん、ご馳走様。
[PR]
by koubouruka | 2005-02-05 17:40 | つれづれ