<   2005年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

花火大会

d0029505_231207.jpg

潮祭りも、花火大会を最後に終わってしまった。
夕方、涼しくなってからと思って行ったのだが、それでも蒸し蒸し、歩いてるだけで汗だくになってしまった。
来年の潮練りこみ、マダムも誘って是非、どこかのチームに紛れ込んで踊りたい。
「ドンドコザブンだドンザブン」三波春夫先生の潮音頭、頭の中でずっと鳴っていて、離れない。

我が家の2階でご馳走を食べながら、ビールを飲んで見る花火もまた格別。
今年はまずまず良く見れたほうだね。
でも最後の方のでっかい花火が、雲に隠れて半分しか見えなかったのが悲しかった。
マダムは、ここ何日間かの仕事疲れと、すっかり食べ過ぎ飲み過ぎで、昇天してしまった。


来年の潮祭りと花火大会を楽しみに、また一年がんばりましょう。
[PR]
by koubouruka | 2005-07-31 23:08 | 小樽の街

潮祭り


d0029505_332169.jpg
いよいよ小樽最大のビックイベント、潮祭りが始まった。
それにしても天気が心配である。この祭りのために、一生懸命準備をしてきた人、
祭りを楽しみにしている人、せっかくきれいに着飾った浴衣姿に、雨はあまりにかわいそう。
何とかカラッと晴れた、暑い夏祭りにならないかな。

車で通りかかったのだが、あちこち交通規制で、渋滞に巻き込まれてしまった。
ちょっとばかり仕事が忙しいが、明日は何とか時間を作って見に行こうっと。
[PR]
by koubouruka | 2005-07-30 03:35 | 小樽の街

ダースベ^-ダー

d0029505_3493787.jpg

ウイングベイ小樽に、ダーズベーダーがいた。映画で使ったものと同じだそうだ。マニアにはたまらないんだべな。それほどスターウォーズには興味がなく、「DVDレンタルになったら見よう」程度の私でも、ベーダーさんに会えてちょっと得した気分。レプリカとは言え、感動です。DVDを見るのが楽しみ。
皆さん記念写真を撮っていました。

我々、ちょっと忙しくて、こんな所で写真を撮っている場合じゃないのだが、ついついウロウロしてしまった。今夜は夜なべだな。
[PR]
by koubouruka | 2005-07-29 03:53 | つれづれ

もう大変!

d0029505_13385224.jpg

普段の怠けた仕事振りのツケが回ってきた。突然、今月中に商品を納入する事になり、大慌てで仕上げている。
潮祭りも行けるかどうか微妙。近所でやっているのに、太鼓の音だけを家で聞いていることになりそう。
切羽詰らないとやらないこのお間抜け夫婦、もう少し計画的に仕事が出来ないもんかな。
[PR]
by koubouruka | 2005-07-26 13:46 | つれづれ

潮太鼓

d0029505_23493512.jpg
29日から潮祭りが始まる。太鼓の音がずいぶん聞こえると思ったら、潮祭りのPRのために、街中を移動しながら叩いていた。カッコいいっすねー、思わず聞き入ってしまいます。
29,30,31と3日間わしらも、街中をウロウロしまくりです。
最終日の花火大会は、我が家の2階の窓からよく見えるので、毎年ご馳走を食べながらの花火見物を楽しみにしている。
3日間、よい天気が続きますように。
[PR]
by koubouruka | 2005-07-24 23:51 | 小樽の街

コケコッコ花


d0029505_072792.jpg


『コケコッコ花』 タチアオイと言うんですね。今ネットで調べて始めて知りました。
幼少の頃、よくこの花で遊びました。繊細で、ナイーブな少年だったんです。

マダムの故郷にはこんな花はなく、ましてコケコッコと叫ぶ事などなかったと言うので、早速遊び方を伝授しました。
まず花びらを一枚抜いて、その花びらの付け根の部分を少しめくって、鼻の頭やおでこ、あごの先などにつけて、『コケコッコ~~~』と大声で叫ぶ。その時、腕をバタバタさせると、よりいっそう効果的。
ただそれだけの、のどかで優雅な遊び。今となってはさすがに『コケコッコ~~~』は大声では叫べない。

夏の花だったんだなー。
遠い少年の日から数十年、こんなオッサンになってからやっても、以外に面白い。
d0029505_074656.jpg

[PR]
by koubouruka | 2005-07-23 23:07 | つれづれ

潮見台

d0029505_0224444.jpg

用事があって潮見台の方へ行ってきたのですが、素晴らしい眺めでした。
小樽港が一望、いやーこんな眺めの所に住んでみたい。
がしかし、この船見坂で坂のつらさを十分知っている身としては、憧れだけでは暮らせないと言うことも知っている。道は狭いし、雪の問題もあるしなー。
それらを差し引いても、この風景は魅力、思わず引越しを考えてしまった。

「小樽はいいとこだよねー」と知り合いはみんな言う。で最後には「でも雪多いから暮らすの大変そう」と付け加える。
たしかにこれで雪さえ少なかったら、ほんとにいいとこだし、迷わずこんな高台に引っ越すのに。
[PR]
by koubouruka | 2005-07-21 23:25 | 小樽の街

午後の静寂

d0029505_238813.jpg

連休も終わりました。きっと運河周辺も、小樽周辺道路もすごい混雑してたんだろうな。我が家は、その混雑を避けるように、どこへも行かず家に引きこもっておりました。
普段は賑やかなこの辺も、みんな出かけたのか、それともあまりの暑さに家でじっとしているのか、まるで時間が止まったような静けさ。

暑さが大の苦手のマダム、やっと風邪から復活したと思ったら今度はこの暑さ、
ヘロヘロになりながら、口をパクパクしておりました。

昨日、大阪から来た人が、これでも全然涼しいと言ってました。昨日は蒸し暑かったなー。大阪じゃ生きていけまへん。
[PR]
by koubouruka | 2005-07-18 23:14 | つれづれ

マダムの風邪

d0029505_19475975.jpg

マダムが熱を出し、床に伏せって2日目、家の中がひどく静か。一日が長い。

「ずっと寝ているのも、腰が痛くて大変」と言っては起きて来て、二日間寝込んでいる間に、すっかり私が散らかした後を見回りしては、ブツブツいいながら寝床に帰っていく。

だいぶ良くなってきたかな。
[PR]
by koubouruka | 2005-07-14 19:49 | つれづれ

新日本海フェリー・はまなす

d0029505_23452111.jpg

『新日本海フェリー・はまなす』を一般公開していると言うので、下見してきました。
マダムは6月、このフェリーで行く、北陸旅行を計画していたのだが、この時期の未体験の梅雨と、30℃を超えている気温に、すっかり行く気をなくし断念。暑さが大の苦手と言うことを、本人は忘れていたようだ。だが、船の旅への思い断ちがたく、「とりあえずフェリーだけでも見てこよう!」と言う事になった。

スイートルーム、見に行った人達から、歓声が上がっていた。広い部屋にでかいテレビ、豪華なソファー。海を見ながら入れるお風呂にテラス、まるで裕次郎がブランデーグラス片手に、座っていそうな部屋でした。これは無理。 特等室も必要ないな。
ドライバー室と2等、まさに寝るだけ、こちらで22時間はきつい。絶対に後悔しそう。
せめて一等、ゆっくり個室で船の旅。
フェリー、なまらでかい、船内を見てきただけですっかり行った気分。

マダムはまた計画を立て直すようだ。
小樽から敦賀まで22時間、そして道の駅で車中泊しながら北陸の旅、秋にはほんとに行くんだろうか?
[PR]
by koubouruka | 2005-07-11 23:47 | 小樽の街