<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

天狗山の『天』

d0029505_23444912.jpg

夜になると、天狗山に『天』の字が灯る。
幻想的とまでは言えないが、真っ暗な夜空に、それはとてもいいアクセントになっている。
先日、天狗山に登ったとき、この『天』の字を間近で見る事も、目的の一つだったのだが、
ロープウエーの恐怖と、頂上で飲み食いしているうちに、すっかり忘れて、下山して来てしまった。今でも、『天』の字を見上げる度に、「あそこに行くの、忘れてたねー」と、悔やんでおります。
d0029505_23454238.jpg

2年前、一度天狗山に登ったことがある。マダムが、何を思ったか「天狗山の山開きがあるので、天狗山に登ろう!」と言い出し、かなり大変な思いをした。
普段、ただれた生活をしているので、天狗山といえども、基礎体力は必要。
一度で懲りたのか、それ以来、毎年山開きはあるのに、登ろうとは言わなくなった。
どうも、山登りをするタイプではないようなのだ。
[PR]
by koubouruka | 2005-08-31 23:52 | 小樽の街

豪華クルーズ船 飛鳥

d0029505_2315565.jpg

飛鳥が小樽に入港した時、わずかな休み時間の間に、我が家に寄ってくれる船員の方がいる。この船員の方の話を聞くのが、わしらは大好きなのです。

この飛鳥で、世界中を回っている。
わしらの知らない異国の話、感激した街の話、船での仕事、どれもこれもすごい冒険談に聞こえます。

もちろん、忙しく大変な仕事のようで、船員の方は、港に着いても、2.3時間しか街に出られないそうです。その休み時間のわずかな間に上陸して、街を見てくるそうですが、それでも十分うらやましい。
南極まで行って、氷河も見てきたそうだ。これには、感動したそうです。
毎日この狭い家の中にいる、わしらにしてみれば、夢のような話なのだ。

この飛鳥も、今年でお役御免、来年からは飛鳥Ⅱ。今の船よりさらに大きく豪華だそうで、来年小樽に来たときは、その船の中を見学させてくれるそうです。イヤー嬉しい。今から楽しみ。
世界一周はまだ無理だけど、見るだけもいいから見てみたい。
飛鳥Ⅱに就職したいな~~~。
[PR]
by koubouruka | 2005-08-30 23:19 | つれづれ

日々平安

d0029505_23421377.jpg

クラフト展で、名古屋に行く事になってしまった。

会社に通うわけでもなく、四六時中家にいて、一人では外にも出ない。、
マダムが用事で外に出るときは、運動不足と、散歩を理由にいっしょについて歩く。
そんなうっとうしいやつが、しばらくいなくなると言って、大喜びしている。
喜ぶ気持ちも、よくわかる。
逆の立場で、私みたいのが、朝から晩まで、年がら年中家にいられても困る話なのだ。

だからと言って、少し喜びすぎ、行くと言っても、まだまだ先の話なのだ。
[PR]
by koubouruka | 2005-08-29 23:42 | つれづれ

かぼちゃ箱

d0029505_1355740.jpg

ニセコの道の駅に寄ったとき、いろんな種類のかぼちゃがあるのに驚いてしまった。
その驚きが冷めないうちに、早速そのうちの一つを作って、ちょっとした入れ物にしてみた。

作ったときはいつも納得の出来なのだが、しばらくすると欠点ばかりが目に付いてくる。
このかぼちゃも今のところは、気に入っているのだが、明日になると「今度は、あーしよう、こーしよう」とひねくりだす。
それがまた、楽しいのである。

これは、これからマダムが色を塗って仕上げ、そしてあさってには、東京の方へ出荷予定である。
[PR]
by koubouruka | 2005-08-28 23:36 | つれづれ

天狗山夜景の日


d0029505_2314933.jpg
天狗山山頂で行われているお祭りに、行ってきました。
天狗山の夜景は、函館山、藻岩山とともに北海道3大夜景の一つだそうです。
天狗山の頂上へは何度か行った事はあるが、ロープウエーで上がるのは始めて。
マダムはそのロープウエーも始めて。若干の緊張とともに上がりました。
ロープウエーも、通常千円が五百円、並んで待つほどの混みよう。
始めて行ったので、どんなもんかわからなかったのだが、山頂は、意外なほど賑わっていた。

屋台もたくさん出ていたし、多分南米アンデス地方の音楽だと思うが、ライブ演奏もあり、ちょっと肌寒い小樽の夜空にぴったしでした。

d0029505_2352460.jpg

明日も、天狗山祭り。
夜の天狗山、ちょっと寒かったので、もう少し早い時期の方が、いんでないかい。
[PR]
by koubouruka | 2005-08-27 23:39 | 小樽の街

夜の出抜小路

d0029505_0254524.jpg

出抜小路が出来る前のこのあたりは、7時を過ぎる頃にはもう人通りも寂しく、まばらな観光客が、夜の運河を見に来ているくらいだった。でも、今年の夏はかなり違っていた。
夜、いつ通っても賑やか。店も混んでいたし、暑い夏だったので、外に縁台を出して涼む人達でいっぱい。夏らしい、いい風景でした。
ジンギスカン屋もいっぱい、一度食べようと思ったが、混んでいたので、結局、家でやった。
最近は、余市の味付けジンギスカンがお気に入りなのである。

小樽は全体に、店じまいが早いので、いいものが出来た。観光客も夜、行く所が出来たし。
あいにく今日は、夕方から雨、せっかくの旅行に雨は残念ですね。
[PR]
by koubouruka | 2005-08-26 23:25 | 小樽の街

d0029505_2351797.jpg

小樽には、大小さまざまな蔵がある。

景気の良かった、古き良き時代の名残。

再利用されている蔵は、幸せである。

使われず、捨てられたように朽ちていく物も、よく見かける。
[PR]
by koubouruka | 2005-08-25 23:07 | 小樽の街

ニセコ 道の駅

d0029505_2255149.jpg

ニセコ方面に行ったときには、必ずニセコ道の駅へ立ち寄っては、何かしら野菜を買ってくる。いつ寄っても込んでいる。
わしらがニセコ方面に行くときは、片道1時間半、羊蹄山の水を汲んで、日帰り温泉で一風呂と言うコースと決まっている。昼頃に小樽を出るので、ニセコ道の駅に着いた頃には、もうほとんど、何もなくなっているのだが。

昨日は、温泉に泊まった帰りだったので、9時半と言う時間に寄る事が出来た。
姉とマダムは『新鮮、新鮮、安い、安い」と嬉々として買いあさっていた。
あれだけの物がそろっている所を、見たことがなかった。
いろんな野菜があり、実にカラフルで、見たこともない新種もある。
ここでしか売っていないパンがあるらしく、パン好きのマダム、初めて買う事が出来たと喜んでいた。一週間は、もう何も買わなくても良いそうである。


暑かった夏も、どうやらホントに終わったような、夜の涼しさ。
[PR]
by koubouruka | 2005-08-24 23:49 | うまいっしょ

ニセコ アンヌプリ

d0029505_23284143.jpg

アンヌプリにある、『ニセコいこいの村』より戻って来てしまった。
楽しい日々と言うのは、あっという間に過ぎるものですな。
2泊3日のお殿様のような生活も、我が家に帰ってきたとたんに、足軽の身分に逆戻り。

のんびり休んで、リフレッシュと思っていたのに、温泉の入りすぎで、行く前より疲れて帰って来た。本末転倒です。

少々仕事も忙しくなってきたので、これでしばらくはまた、休み無しです。
[PR]
by koubouruka | 2005-08-23 23:29 | つれづれ

ニセコ いこいの村から

私は今「ニセコいこいの村」におり,ロビーのパソコンから書き込んでおります。
姉の親孝行のおこぼれに預かり,マダム共々,2泊3日の温泉旅行。
母と姉の,運転手兼荷物持ちでやってきて,一緒に宿泊させてもらってます。

ホテルもちょっと空いていて,広いお風呂は,貸しきり状態,すっかりお風呂で泳いでおります。
極楽,極楽。
今日、もう一泊,こんなに幸せでいんでしょうか。
さて,雨も上がったようだし,今日は何をしよう。


恵ちゃん,留守番ごくろうさん。
[PR]
by koubouruka | 2005-08-22 09:12 | つれづれ