<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

小樽港マリーナ

d0029505_0563959.jpg

ウイングベイから見る小樽港マリーナ、ヨットが電飾でドレスアップされています。
きれいですね~、ロマンチックですね~。
でも愛を語るにはここは寒すぎ、マダムは写真を撮っている私を置いて、とっとと買い物に行ってしまいました。



d0029505_1562726.jpg

手作りキャラメルコーン、ごちそうさまでした。すごくおいしかったです。
またこちらに来るときは、寄ってください。
[PR]
by koubouruka | 2005-11-29 00:56

近況報告


d0029505_31957.jpg
我が家の姫のことを気にかけてくれている方が、各方面に多数(3名)いらっしゃって、この場を借りて近況報告を。

目の病、一時は右目が炎症でふさがっていましたが、今はかなり回復しております。それでも油断は禁物、毎日目薬と目やにの掃除です。

我が家の姫、かなりな痩せ猫。獣医の先生様に聞いてみると「虫がいるかも?」と言う事で検査をすると、虫の卵が見つかり、早速虫下し。
次の日ウン○に巻きついて出てきました。モーびっくりっス! マダムの悲鳴が小樽中に響き渡りました。
それから数日経っても相変わらず痩せている。先生様に聞いてみると「まだいるかも?」と言うことで来月また虫下しです。

そんなお腹に虫を飼っている猫と、毎日いっしょに寝てるんですねー。わしらは大丈夫なんでしょうか?今度会うときは、ワシらもゲッソリ痩せているかもしれません。
「たまに人にも感染する事もあり、トイレの始末の後は手を洗うように」と言われても今さら遅いのだ。先生様にはもっと早くその事を教えて欲しかった。
この回虫、母猫のおなかの中にいるときに、すでに貰って来ているようで、生まれつき持ってたんですね。

最近、やっと私と寝るようにもなりましたが、やはり居心地が悪いのか、朝起きるといつもマダムの首に巻きついて寝てます。
私とマダムの寝る位置を変えてみてはどうだろう?そんな事を思っています。

姫には少々同情する面もあって、朝から晩まで二人がかりの一方的な愛の押し付け、それに耐え切れず鼻やほっぺたを噛んでは逃げて行く気持ちもわかる気がします。
マダムも姫の面倒に一生懸命で、その分私に対する罵詈雑言が少し減ったような・・・
姫に感謝です。
d0029505_3172535.jpg

[PR]
by koubouruka | 2005-11-27 03:22 |

小樽探訪

d0029505_2314337.jpg

「TUTAYAにビデオでも返しに行くか」


d0029505_23214778.jpg

「龍宮神社、世界中のみんなが幸せでありますように」パン! パン!


d0029505_23224055.jpg

「天気もいいし、ビデオも返したし、休みの日は車が少なくていいね」
「少し散歩して行こうか」


d0029505_23232041.jpg

「海猫屋か~。何度か入った事があるな」
「最近、二人で喫茶店なんか入った事ないね・・・」
「・・・」


d0029505_22313470.jpg

「更地にしてるね、前は何建ってたっけ」
「またマンションでも建つのかな?隣にも建ててるのに」


d0029505_22354441.jpg

「内装工事中、貸し店舗か。うちで借りるか」


d0029505_22381283.jpg

「旧三井銀行、うちの兄貴も昔ここで働いてたな~」
「人力車、あっちこっちにいるね。」


d0029505_22415829.jpg

「寿司屋通りだよ、寿司くいて~~~!」
「こんな歩道、前からあったっけ」


d0029505_22521924.jpg

「これが海宝楼かー。いつも下から見てたけど始めて来たな。りっぱなもんだ」
「中入るのは、また今度だね」


d0029505_22555518.jpg

「イヤ~、眺めも素晴らしいんでないかい」
「ちょっと寒くなってきたから、そろそろ帰ろう」



d0029505_23245333.jpg

「長崎屋によって、鯛焼き買って行こうか?」
「俺、あん二つ!」


d0029505_23441100.jpg

「小樽駅だ。旅情を誘うね~」
「 アッ!うちが見えるよ、早く帰ろう」    チャンチャン!

d0029505_2351394.jpg

[PR]
by koubouruka | 2005-11-23 23:30

分岐点

d0029505_2049306.jpg

北海道には読むのにかなり苦労する地名がある。
この中で普通に読めるのは、頑張って「ふるびら」くらいのもんでしょ。
でも長万部は全国的に、知名度は高そう。

あまり計画も立てずに、思いつきで行動するわしらには、いつもここ余市の交差点は、どちらに行くか迷う地点です。
積丹方面は海がきれい、倶知安方面は山がきれい。どちらにも温泉がある。

よく日帰りで出かけていたのですが、冬の間はあまり車で遠出しないわしら、
春までお預けです。
[PR]
by koubouruka | 2005-11-22 21:06 | つれづれ

ポプラ

d0029505_22535659.jpg

寒い日が続き家から出ることもなく、気が付くと猫の食事作りとトイレ掃除だけで、一日が終わっていたような気がする。
こんな事じゃーまずいと、午前中の天気に誘われ、郵便局の本局へ散歩しながら用事をたしに行く。少しは外の風に当たらないと。
近所にも郵便局はあるのだが、いつも本局まで行ってしまう。歩いて15分くらいかな。
途中遊歩道になっている旧手宮線を通る。整備されてきれいなのだが、人通りはない。

美術館の横に小樽ではめずらしい、大きなポプラの木がある。このポプラの木が好きで、ここを通るときは決まって写真を撮ってしまう。
広い空に、スッと伸びたポプラはとてもさわやかで清々しい。
自分の生活を振り返り「この木のように真っ直ぐに生きて行きたいものだ」とつくづくと思う今日この頃である。
[PR]
by koubouruka | 2005-11-21 22:56

一月半


d0029505_1464794.jpg
姫が我が家に来て、一月半が過ぎた。
可愛かった子猫の時期もつかの間、身長も体重も3倍になってしまった。
気まぐれ度、わがまま度は数万倍。

今日ファインクラフトの三浦さんが、仕事で我が家を訪ねてきた。
このブログを見てくれているそうで、我が家の姫に一度会いたかったそうだ。
「とても美人です!」そう言ってくれる三浦さん、我が家で三浦さんの高感度が急上昇です。また是非遊びに来てください。


一時は治りかけた目の病気が、最近ひどくなってきたので、明日獣医さんに連れて行こうと思う。
[PR]
by koubouruka | 2005-11-16 01:48 |

銀杏

d0029505_2402165.jpg

銀杏を拾っていたら、雪がチラチラ降ってきた。もうすっかり冬です。
実を洗って干す。家の中がすごい臭い。
これをストーブで焼いて食べる。なんだかとっても慎ましい生活みたい。
実際慎ましいのですが。
向こうに見えるのが、狭いながらも楽しい我が家。
d0029505_24050100.jpg

タイヤ交換も済ませたし、天気予報ではこれから雪が続くようです。
[PR]
by koubouruka | 2005-11-14 02:44

カトリック冨岡教会


d0029505_0522587.jpg
たまっていた仕事と猫との遊びを済ませ、久々に散歩に出る。
狭いホテルでゴロゴロしているだけだったので、体がなまっているのか、坂道を登るとハァーハァー息が切れる。
地獄坂を少し登ったところ、教会を見ながらのんびりと時間を過ごす。
ずっと家の中にいたので、外の冷えた空気がちょと心地いい。

女性3人組の観光客がやって来た。女同士の旅行というのは、じつに楽しそうです。
旅行で始めて行った所は、天候によって印象が随分と左右される。
この教会も、少し前の紅葉の中、青空の下で見るともっときれいなのです。                                     
[PR]
by koubouruka | 2005-11-13 00:52

食べ物がうまい!

d0029505_051512.jpg

ホテル暮らしとコンビニの弁当からも開放され、通常の生活に戻ってきた。
普段から一人で出歩く事のない私は、名古屋に行っても相変わらずで、デパートとホテルの往復だけの毎日。
今度はマダムも連れて行かなければ。

あちらでは北海道物産展は、いつも大人気だそうで、皆さん北海道の食べ物が大好き。
食品売り場を回ると、普段よく食べている物が売られていて、どこも行列が出来ていた。
小樽の海産物、余市、仁木の果物、普通に食べている物が、なにやら高級品のあつかい。
「毎日美味い物を贅沢に食べているんだなー」と改めて実感した日々でした。
[PR]
by koubouruka | 2005-11-10 23:51

名古屋ツインタワー

d0029505_0303486.jpg

名古屋より無事帰還。
マダムと猫に温かく迎えられ、涙しております。
どちらも私の事を忘れていませんでした。

長かったホテル暮らしも、帰ってくるとアッというまだと感じるもんですね。
で、帰ってくると、いきなりの雪。
たまげました。

今回の北海道物産展、私としては上出来でした。
高島屋に来てくれた皆様、名古屋の皆様、
一週間、本当にありがとうございました。
[PR]
by koubouruka | 2005-11-10 00:31