<   2005年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ありがとうございました。

d0029505_2248219.jpg

今年一年、たくさんの方に来て頂き、ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

実家に帰省することもなく、大晦日だからと言ってもあまり普段と変わりなく、
二人と一匹、少しだけご馳走を食べて、いつも通りに過ごす夜です。
気分だけでもどこかに行ったつもりで、買い物帰りに小樽駅によってみました。
ゆっくりと汽車の旅をしてみたいですねー。
[PR]
by koubouruka | 2005-12-31 22:50 | 小樽の街

ツララ

d0029505_23373442.jpg

最近はあまりツララの下がった家を見かけなくなりました。
無落雪の屋根だったり、家が良くなって熱が屋根裏に逃げなくなり、ツララが出来にくくなったんですね。

私が小さかった頃は、よくツララで遊んだ。
その頃はまだどの家も屋根が低く、子供の手の届く所にツララがなっていた。ツララだらけだった。
学校帰りチャンバラをしながら帰ったり、雪ダマをぶつけて落として歩いたり、中にはバリバリ食べる猛者もいた。
下から手を伸ばして、途中から折れずに長いのが取れたときは、大事に持って歩いてた。
毎日雪だるまのようになりながら遊んでいた。
長い冬も子供には楽しさいっぱいだったのです。
[PR]
by koubouruka | 2005-12-30 23:38 | つれづれ

雪道

d0029505_273248.jpg
毎日よく降ります。街がスッポリ雪に埋もれてます。
小樽は道路が狭いうえに、雪が多い、除雪はなかなか入らない。
仲通は車がすれ違えず、どちらか一方が行き過ぎるのを待つ、譲り合う気持ちが何より大切。

雪国の郵便局員はたいしたもんです。
どんなも積雪も、どんな吹雪も、どんな寒波もバイクでやって来ます。
冬道をバイク、心からご苦労様と言ってしまいます。
[PR]
by koubouruka | 2005-12-30 02:11 | 小樽の街

渋滞

d0029505_1811205.jpg

昨日は知り合いの引越しの手伝いで、厚別まで行って来たわけですが、この年の瀬に引越しする人いもいるんですね~。それにしても札幌の車の多さに、改めてびっくりです。
厚別まで行くというのに、、行きも帰りも高速を使わなかったわしらも悪いのだが、渋滞がひどい。
まぁ大都会だし、冬は道幅が狭くなるので仕方ないのだが、行く先々で渋滞。
小樽ではほとんど渋滞というものがないので慣れていない。
この渋滞がつらいので冬はよっぽどの用事がない限り、札幌へは行かなくなってしまった。

渋滞での私のイライラをよそにマダムは爆睡、ラーメン食ってまた爆睡。
ぐっすり眠って疲れも取れたようで、帰ってきてからも元気。
私はバタンキューでした。
[PR]
by koubouruka | 2005-12-27 18:12 |

うまくいかない!

d0029505_1233613.jpg

クリスマスだと言うのに、一日中年賀状作りに悪戦苦闘してます。
結局切羽詰らないとやらないワシら。
今年は自分達で、パソコンを使って印刷しようとしているのですが、なかなかうまくいかない、
写真がうまく撮れない、印刷の設定の仕方もわからない。
マダムと二人、わからない者同士話していても、結局わからない。不毛の会話です。
我が家には、私の思い通りにならない人と、獣と、物ばかりです。
慣れない作業は疲れますね~~~。
いつものように、印刷屋に出した方がよかったか。
[PR]
by koubouruka | 2005-12-25 01:24 |

小樽港湾合同庁舎

d0029505_0323299.jpg

駅前の通りを真っ直ぐ海へと向かうと、小樽港湾合同庁舎というビルがある。
ここの6階が食堂になっていて、一般の人も利用できる。
そば、ラーメン、定食と一通りのメニューが揃っていて、もちろん値段もリーズナブル、個人でもグループでもOKの広い食堂。私の思うところ、小樽では海の眺めが一番良いお食事どころではないかと。

我が家の2階からも対岸の山並みが同じように見えるので、さほど景色の話題で盛り上がる事もなく、「あの下の海岸線を通って、利尻島まで行ったね」などと刺身定食のマグロを食べながら、今年の春を振り返って見たのでした。
長年この風景を見ていながら、対岸がどこの町になるのか、山の名前がなんなのか、知りたいと思いながらも調べるわけでもなく、対岸を見るたびに「あそこはどこだろうねー」と毎回同じ事を言いながら暮らしています。

d0029505_033276.jpg

今日は冬至、我が家もお汁粉にカボチャを入れて食べました。
マダムの作ったお汁粉に、姉が作ってくれた白菜の漬物がベストマッチ。

これからが寒さ本番の季節。でも明日からは少しづつだが確実に日が長くなって行く。
気が早いようだが、ちょっとづつ春が近づいてくる。
明るく、前向きに生きていきたいものです。
[PR]
by koubouruka | 2005-12-23 00:36 | 小樽の街

北海道立近代美術館 売店

d0029505_057388.jpg

11月から札幌の近代美術館の売店に、小品ではありますが我が工房の商品を少し置いてもらってます。
美術館に行くような事があれば、是非お立ち寄りください。
只今、我が家に来るよりはきれいに並んでおります。
[PR]
by koubouruka | 2005-12-22 00:59

屋根の上

d0029505_1341396.jpg

屋根の雪下ろしをする。12月に屋根の雪下ろしは初めてなのです。
子供頃は屋根の上は大好きだったのに、いつ頃からか高い所は苦手、冬を過ごす中で一番の悩みが屋根の雪下ろしなのです。
屋根に登り、高さに慣れるまで少々時間がかかる。
我が家は斜面に建っているので、普通の家の屋根よりはいっそう高く感じる。
毎年、家が潰れるのではないか、というくらいまでやらないのだが、今年はなぜか早々に終わらせる。
この冬は何回屋根の雪下ろしをする事になるんだべ。

私が下ろした雪をマダムが下で片付ける。
マダム久々の運動に汗を流す。明日は絶対筋肉痛だそうです。
[PR]
by koubouruka | 2005-12-21 01:41 | 小樽の街

よく降りますねー

d0029505_144435.jpg
今日も一日、雪は降り止まず、窓の外を眺めてはため息。今のうちからこんなに降って、これからどうなってしまうんでしょう。静かな部屋の外では、風が唸りを上げ始めた。
吹雪。
マダムはブツブツと何か言いながら、ひざの上で寝入った姫の爪切りをしています。

外で雪かきをしていると、いろんな人に声をかけられる。
まぁーほとんどが年配の方々で、ただの通りすがりの人なんですが、
「よく降りますねー。」「毎日大変ですよねー」が冬場の決まった挨拶です。
何か言わずにはいられない、皆さん辛い思いをしてらっしゃる。
まだまだ冬は始まったばかりなのに。
[PR]
by koubouruka | 2005-12-18 01:07 |

冬の運河

d0029505_030314.jpg

ここ何日間か降り続いた雪で、早くも屋根の雪下ろしの心配をしている。
皆様の街はいかがですか。

マダムが銀行に行くというので、ボディーガードとして護衛に当たる。
何かと物騒な世の中、いつ事件に巻き込まれるかわからない。
がしかし、振込みとカレンダーを貰いに行っただけで、ボディーガードは不要でした。
銀行には来年のカレンダーが置かれていた。
最近の銀行のカレンダーは、ありがたい先生の風景画だけでなく、可愛いキャラクターのカレンダーも出ているんですね。マダムいろいろと頂いて歩く。

郵便局の本局に行ったついでに、運河に立ち寄る。
今日の運河は観光客も少なく、時折少人数のグループが運河をバックに写真撮影をしていた。雪を知らない国から来たのか、この寒い中、雪に手形をつけて喜ぶ人達。
私は南の国へ行きたい。
[PR]
by koubouruka | 2005-12-17 00:31 | 小樽の街