<   2006年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

舟見坂夕景

d0029505_2255479.jpg

長い冬も終わってしまうのかというくらい、暖かい一日でした。
久しぶりのほんのりとした夕焼け。
がしかし、我が家では裏に三角山を背負っているので、夕日を眺める事が出来ません。
雲に写るわずかな夕焼けを見るくらいで、夕日フェチの私はとても悲しい。
夕日を見ながらジ~ンとしたいのに・・・、あっという間に暗くなってしまう。
小樽も海に日が沈むといいんですけどね。

我が家は朝日はきれいに入るんですよ、もう何年も見たことがありませんが。
早起きして、健全な生活を送らなければ。
少しづつですが日が長くなってきてますね。

コンサドーレを愛してやまない者達がいます。私もその一人です。そしてこの方も。
30代プチオヤジのチラ裏
[PR]
by koubouruka | 2006-01-30 22:58 | 小樽の街

リンゴ

d0029505_0522793.jpg

余市に行ったときは、必ずリンゴを買い込んできます。
余市、仁木は果物の名産地、春から秋まではいろんな果物を楽しめるのですが、冬はもっぱらリンゴ。
余市にはリンゴ問屋が何件かあり、ちょと規格外の物や傷物を安く売っている。
もちろん味には、何の影響もなく蜜もたっぷり。
ちなみにこのサンフジ40玉くらい入っていて1.500円、毎日食べます、食べ続けてます。
好きなんですね。なくなると寂しくて余市まで買いに行く。
我が家では一年中、何かしら余市、仁木産の果物を問屋さんで買って来ては食べている。

d0029505_0552213.jpg

[PR]
by koubouruka | 2006-01-27 00:56 | つれづれ

アドバルーン

d0029505_1245471.jpg

余市では今もアドバルーンが上がっています。
風に吹かれてユラユラ、懐かしくのどかな風景です。
誘われて行ってみると、駅前に出来た和菓子のお店でした。
試食をしてみたら、ヨモギ大福がうまい!
店が込んでいたので、また後で買って帰ろうと思っていたら、忘れてそのまま帰って来てしまった。
たまには試食だけでなく買えっつーの。何も買ってないので、店の名前もわからない。

都会ではもう見られないんでしょうね。
ビルやマンションの方が高いし、風にゆられてアチコチぶつかってしまいますか。

余市は小樽以上に雪が積もっていました。
いつも足元ばかり気にして下を向いて歩いているので、空を見上げるのってなんか素敵な事ですね。
[PR]
by koubouruka | 2006-01-25 23:27 | つれづれ

一句

d0029505_2311555.jpg

      雪かきで 腹をすかせて 黄な粉餅
[PR]
by koubouruka | 2006-01-23 22:59 |

天狗山スキー場

d0029505_232138100.jpg

しばらくウィンタースポーツをやってません。
以前は二人してスノーボード一式を買って、セッセと練習してました。
朝里スキー場に行っては下のほうでチョロチョロ。天狗山に行っても下のほうでチョロチョロ。
ただただ転びにスキー場に通っていました。
ア~それなのに、何年やってもさっぱりうまくならない。年のせいではなく、あれは絶対むずかしい。
転ぶのにも飽きてしまい「やっぱりスキーの方がいい」とリサイクルショップに売ってしまった。
でもそれ以来スキーもやってない。
その時のウェアーだけは雪かきのとき活躍してます。やっぱり冬は雪かきで運動不足解消です。

マダムの友人aaltoさん『おそとdeごはん』リンクに追加     おいしい物情報がいっぱい!
[PR]
by koubouruka | 2006-01-22 23:23 | 小樽の街

フード

d0029505_2324436.jpg

今日は東京の方でも雪が降ったようですね。
ニュースを見ていて一番違うのは、皆さん傘を差している。
北海道の人間は、傘を差さない。雪がサラサラだし、風も強く吹くので傘を差せない。
で、大抵はこのフード付きのコートを着ている。
突然の雪でも安心。これをかぶるだけで暖かさが数段違います。
吹雪のときはこれをかぶり、少しうつむき加減に足元だけを見つめ、黙々と歩くのです。

私も十数年同じコートを愛用してますl
あまり丈夫なのも考えものです。なかなか新しいのを買ってもらえません.
[PR]
by koubouruka | 2006-01-21 23:26 | つれづれ

小樽に来た人

d0029505_1522868.jpg

私達の前を颯爽と歩いていく二人。
観光にやってきたのでしょうか、それとも仕事?
あまりの寒さにホテルに急いでいるのかなと、いろいろ想像してみる。

この寒い冬を体験しに、人々が小樽にやってきます。
修学旅行生もよく見かけます。本州から来た学校なのか、随分薄着で歩いてました。完全に北海道をなめてますね。
その点、台湾の方は完全防備、でも帰ったらもう、あんなダウンやコートは必要ないんでしょうね。
吹雪もまた楽しんで帰ってほしいものです。

私達もカメラを持ってウロウロしてると、観光客に間違われカニを買わされそうになります。
[PR]
by koubouruka | 2006-01-21 01:54 | 小樽の街

これからか?

d0029505_09513.jpg
「猫を飼ったから、これから作る物も変わってきますね」とよく言われてます。
今のところ、まだその成果は出ていないようですが。
ここ何年も作る物が代わり映えしてませんね~。
新しい発想とやる気を、姫が運んできてくれるのでしょうか。

オッと、まずい、まずい、とうとう猫にまで頼ってしまった。
何か新しい物を考えていかなければ。
そろそろ注文が来る頃だし、ちょと忙しくなるかな。
[PR]
by koubouruka | 2006-01-20 00:05 |

けさの槽口(ふなくち)

d0029505_1283635.jpg
北の誉酒造、蔵からすごい湯気が立ち上ってました。
酒のいい香りが漂ってます。

けさの槽口
毎年この時期に出るのを楽しみにしてます。
いつ出るかわからないお酒。
北の誉に電話したら、偶然にも今日瓶詰めしてました。
早速買いに行く。

正に絞りたて、うまいっす!
今回は純米吟醸、3月までいろいろな種類のお酒が出るようです。
詳しくは、こちら。

testuya、日頃の感謝を込めて1本送っといたぞ。
私を思い出しながら飲みなさい、もっとうまい酒になるはずだ、また会おう!
d0029505_1284782.jpg

[PR]
by koubouruka | 2006-01-19 01:46 |

雪下ろし

d0029505_0501856.jpg

裏の家も、人を頼んで雪下ろしを始めました。
随分積もっていたので、心配していたところです。
この近所も老人世帯が多いので、自分では屋根の雪下ろしはなかなか出来ません。
今年はこんな風景をよく見ます。雪に関わる事故も、たくさん起きているようですし、私も気をつけなければ。

北海道でもこの後志地方が特別多いようですね。
ここ数日雲の切れ間から少しだけ青空が見えることがありますが、一日晴れている事がありません。
青空が恋しい。

な~んか最近は雪の事ばっかりですいません、冬にやられちゃいましたかね~。
気持ちを切り替えなければ。
[PR]
by koubouruka | 2006-01-17 23:52 | つれづれ