ドンガイ

我が家の前の土手には、相変わらずイタドリが群生してるのだが、隣のおじさんと「このドンガイは厄介だねぇ」なんて話をしていた。
ドンガイなんて久しぶりに聞いたな。
ドンガイというのはこの辺りだけの方言なのかな。
小さい頃はこれで笛を作って遊んだけど、もう作り方も忘れてしまった。

d0029505_04822.jpg


雨も上がってちょっと外の空気を吸いに出たら、ドンガイの葉についた水滴達がキラキラときれいだった。
虫の声とこの夜風、もう秋なのかな。


d0029505_023121.jpg

[PR]
# by koubouruka | 2006-08-28 23:55

堺町

堺町通りのファインクラフトに自転車で納品に行く。
チクチクと日差しが暑い。
暑さと紫外線が苦手のマダム、一緒に散歩することもなく今月はずっと引きこもっている。
すっかりこのブログに登場しなくなってしまった。

d0029505_23243431.jpg



d0029505_23252498.jpg



d0029505_1543231.jpg


夜はなんて涼しいんだ。
夜撮影は、もう短パンに半袖じゃ無理だな。
[PR]
# by koubouruka | 2006-08-27 23:57

物思い

d0029505_0491721.jpg
何の心の準備もしてないのに、いきなり夕焼けが襲ってきた。
私の予報では今日は夕焼けは出ないはずだったのに。


d0029505_049261.jpg
写真を撮ることに一生懸命というのも良し悪しだな。
以前ならこんな夕焼けの出たときは、少し感傷的な気持ちになってしっとりした気分で色の移り変わりを眺めていたのだが、今はカメラを持ったばかりに、ゆっくり見るというより夕焼けが終わる前に何とか良い写真は撮れないものかと懸命になっている。
ちょっと前まではカメラにではなく、自分の目や脳に記憶として焼き付けていたよう気がするな。
そんな記憶の蓄積が物を創造するときの手がかりになる。

もちろんカメラでしか見えない世界だってある。
もっと気負いを捨てて、普通に写せるようになれたらいいな。
と、そんなことをこの写真を見ながら思ってしまった。
[PR]
# by koubouruka | 2006-08-26 01:47

姉さんっていうのはいいね、優しいし面倒見はいいし。
今日も姉がわざわざ小樽まで来て、ランチをご馳走してくれた。
結構高かったんじゃないかな、たくさん食べたからね。
北一の隣にある「マルコポーロ」というイタリアレストラン、ここうまいね。

兄貴もいるんだけど、向こうに行ったきりだもの。
男兄弟はだめだね。
アッ、兄もこれ見てるって聞いたな。

d0029505_23183339.jpg


d0029505_23184555.jpg


d0029505_23221448.jpg

[PR]
# by koubouruka | 2006-08-24 23:31

まだまだね。

最近は夜の撮影に情熱を燃やしてたが、久しぶりに日中歩く。
まだまだ暑いな。いつからこんな汗っかきになってしまったんだ。

d0029505_14925.jpg



d0029505_149147.jpg

夜の公園を撮ってみようと、近く公園に行ってみたのだが、うまくいかないなぁ。
夜の撮影は、帰ってきてPCでみるまでわからない。
それも楽しみのひとつ。
経験を積むしかないんだべな。
[PR]
# by koubouruka | 2006-08-24 02:06